ほぼ2年ぶりにOwndをさわってカンジたことを書いてみる。

お久しぶりでございます

ウェブ制作はずーっとやってるんですが、ちょっとOwnd界隈からしばらく離れておりまして、こうしてOwndを更新していると、まるで長旅からようやく帰ってきた感すらあります。もしもBEEのOwndを覚えていてくれている方がいらっしゃいましたらお久しぶりです。そしてただいまでございます。


もしかしてエディタのサクサク感は向上してる?

戻ってそうそうカスタマイズっぽいことをしてみたり、こんなブログを書いてみたりするのですが、なんか使い勝手ってこんなに良かったでしたっけ?とちょっと新鮮な気分です。


このブログを書いている分にはホントサクサク書けてしまうので、書くことが気持ちい良いカンジ。アメブロとはまた違った気持ちよさです。g.o.a.t(ゴート)っていう書き手が気持ちいいブログツールがありますが、それに近いカンジがします。(g.o.a.tの中の人からはそれは違う!と言われるかもですが)


これエディタって読んでいいか迷うくらい真っ白いキャンバスぽい空間に、パチパチと文字を打ち込んでいく感覚ってなんかクセになりそう。文字なんて相変わらずサイズすら変更できないほど機能を厳選してるのに、そんなに不満もでない。なんかこれでいいじゃん的な気持ちにはなれます。(逆にあれこれやりたくて物足りないよーという人もそりゃいるかも)


というか、書き方はそんなこだわらなくても書けばなんとなくOwnd側で綺麗にまとめてくれるので、見せ方はおまかせというスタイルという感覚でいられると言いますか。この感覚はノウハウ的なブログというよりもコラム的なブログ書きに向いているカンジがします。


ところでOwndってただのブログなの?ウェブサイトなの?

Ameba Owndはブログ機能が充実したツールなので、読み手からするとアメブロとそう変わらないじゃないかという声も聞こえなくもありません。筆者が実際に使った感触をお伝えするならば、きわめてブログに近いウェブサイト(一般にホームページといわれるモノ)とも呼べますし、ブログを中心に展開できるウェブサイトとも呼べるものです。


ただし、ウェブサイトとしてはかなりライト(軽め)な位置づけで、必要最小限の機能しか持ち合わせていない側面もあります。


2年ぶりにさわってみてあらためて驚いたというか新鮮なこともありましたので、続きはまた書きます。今日はOwndウォーミングアップ的なブログなのでこの辺で失礼します。


rough Note

アメブロカスタマイズ・OwndカスタマイズのWEBデザイン研究所BEEの公式Owndです。

0コメント

  • 1000 / 1000