Ameba Owndでファビコンを設置する方法

Ameba Owndというのは、非常にウェブ制作者泣かせのツールです。いざオリジナルのデザインを作ろうとしても、とにかく手を加える箇所がありません。HTMLもJavaScriptも書き加えることができず、唯一許されたPCとモバイルのビューを編集できるCSS(スタイルシート)にしても、せいぜい文字のサイズ変えてみるとか見出しの背景を変えてみるとか、そんな程度でハイ終了というあっけなさです。ツールとして出来上がってしまっている感じで、カスタマイズの余地があまりないというのがOwndの特徴です。でも迷いどころも少ない分、ユーザーが比較的簡単に導入できるというメリットはありますね。


そんなAmeba Owndのファビコンの設定の仕方も恐ろしく簡単だったので、メモしておきます。というか、メモすらいらないかも?という簡単さで恐縮なのですが、そこにはこれ以上触れないこととし、あえて書いてみました。



ファビコンって何?という方へ


ファビコンという言葉すら聞きなれない方もいらっしゃると思います。ファビコンというのは、例えばサイトを閲覧中であったり、お気に入り登録したときに、ブラウザのタブの部分やブックマーク一覧のスペースにサイト名の前にくっつく小さな画像があるのにお気づきでしょうか?

こういうやつです。これがファビコンです。ワタシのOwndの場合なのですが、「アメブロカスタマイズ│札幌〜」というサイト名の前に何やら画像が見えますね。このファビコンていうのは中々ニクいやつでして、こんなに小さな画像ですが、「今このサイトを見ています」っていう存在感のアピールがハンパではありません。GoogleとかYahoo!だってこのファビコンがオリジナルのロゴマークで表示されます。折角ですからホームページを持ったら、このファビコンもオリジナルにしたいところです。



Owndのファビコンを設定しないとこう見える


Owndを始めたばかりで特に意識していないとこんな感じに見えていると思います。

Owndのロゴマークですね。悪くはないんですが、これでは他の人との差別化が図れません。なので思い切ってここは意図的に変えてみましょう!



Owndのファビコンの設定方法


では、Owndのファビコン設定はどこでやったら良いのかを解説いたします。まずはサイトにログインし、左サイドのメニューの「設定」→「基本設定」に入ります。

そこで下の方にスクロールしていくと、サイトアイコンという場所がありますね。

ここに画像を入れるだけでございます!

さて、ここで恐らく「なんだよ〜、もうやってるよ〜」という方が続出な予感ですが、実はこのOwndファビコンは、最低一度は自ら画像設定をしないとファビコンとして反映しないというのがミソです。もしファビコンとして反映していないのなら、画像を入れ直してみてください。とにかくこんな仕様なので、このファビコンが変わるという事実すら気がついていない方も多いのかと思います。ワタシもつい最近に気がついたくらいですので。


もうサイトアイコンをオリジナルで設定されている方は、既にファビコンが表示されていると思います。ぜひ、ご確認ください。当然ながらファビコンだけでなく、サイドとかにあるプロフィールスペースにもサイトのアイコンとして表示されているはずです。

それにしても、なんとあっけない。



結論:あまりにあっけないことが逆にすごい


ファビコンというのは規格(一般的なウェブサイトであれば16×16px、または32×32pxなど)に合わせて画像を加工し、設置するというのがこれまでの常識でした。ところがOwndでは300×300px以上の画像をアップさえすれば、サイトのアイコンも作ってくれて、そこからファビコン画像にまで変換してくれるという手軽さです。この発想はすごいなと思いました。簡単ゆえに驚かされたということで、あえて記事にまでしてしまったという次第です。


失礼いたしました。

0コメント

  • 1000 / 1000